Blismile

ダンサーのためのナチュラリゼーション・レッスンを東京、湘南で展開する「ブリスマイル」公式ブログ。

Naturalizationについて、改めて

 ブログも新しくなったことですし、改めてナチュラリゼーションについて簡単にご紹介させて戴きますね。

 

ナチュラリゼーションとは?

ナチュラリゼーションは「ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し発展させた運動プログラム」です。
平たく言うと、赤ちゃん時代の運動学習の過程を、もう赤ちゃんではない人たちでもやりなおせるように開発されたものなのです。

 

どんな人が学んでいるの?

私は、クラッシックバレエをずっと続けてきたので、ダンスを切り口にナチュラリゼーションをお伝えしていますが、ナチュラリゼーションを学んでいる方々はランや野球など様々なジャンルのアスリート、シンガーetcと多岐に渡っています。
年齢も8か月の現役の赤ちゃん(笑)からジュニアはもちろん、大人の方まで幅広い年齢層の方々がナチュラリゼーションを学んでいます。

 

されど赤ちゃん運動

赤ちゃん運動というと、まず思い浮かぶのがハイハイかもしれません。
もちろんハイハイも大切な運動メニューですが、実はそのもっと前にも「立って、歩く」ことはもちろん、「踊る」ことの基礎にもなるいわば「すべての動きの土台」になる要素が育まれているのです。
ナチュラリゼーションは、その赤ちゃんの頃に学習する必要があったことをもう一度最初から順序通りにやり直していくことで、美しく自然な動きを再学習していける運動プログラム。それは、ダンスのためにも、様々なスポーツのためにもとても大切なことなのです。

 

ナチュラリゼーションの学び方

方法は大きく分けてふたつあります。

  1. 松本淳先生/認定トレーナーのレッスンを受ける。
    ★ナチュラリゼーション本部(京都/松本じゅん接骨院)


    ★認定トレーナー一覧

  2. 通信講座(メルマガ+動画)で学ぶ。


 

 

 だいじなこと

いずれにしても、大事なことは共通しています。

★先を急いで次に進まないこと。
★足し算にしないこと。

↓まつじゅん先生の言葉

これは1年間かけて、途中で先に行かないで一歩ずつやっていくことが大切です。
この1年間というのが意味があります。
赤ちゃんも1年間かけるんですね。
指導してきた経験では、やっぱり大人も1年間なんです。
体は日々変わりますが、パフォーマンスアップの波は大体1年後から始まります。
この期間を短縮しようとすると発達不良を招きます。
この1年間は出来るだけ新しい運動メニューは控えてください。
今までやってきた運動メニューも出来るだけ棄ててください。
1年間のナチュラリゼーションを終えてから新しいことを始めてください。

 この、「急がない」「足し算にしない」が、難しいのですね。
これまで続けてきたこと、積み重ねてきたこととの間で葛藤することも、やはりあったりします。
でも、その葛藤自体も学びであり、成長の要素なのではないかと思うのです。

Naturalizationの公式サイトに今年からモバイルページができました。




最後に、私のこれから

子どもたちのグループレッスンの機会を増やしていきたいと思っています。そのために、サロンを手放しました(笑)

 

4月から開講予定のスタジオクレイン鶴川クラスは、月2回土曜の早朝9時からの時間帯なのですが、小学生と保護者の方が一緒に学び、体験する1年制のスタイルで準備を進めています。

ナチュラリゼーションは日々、ご家庭でも実践することがとても大切です。
そして、親御さんが子どもたちが何を体験しているかを理解していることが、やはり大事なのですが、それはアタマだけで理解できる質のものではないのです。

ご家族が共に学び、体験していれば、実践しやすい環境も整い コミュニケーションの幅も広がります。一緒にやってみるからこそ、 一見簡単そうに見えることの大切さを体感して理解することもでき、 「子どもってすごい!」と改めて感動することもあるかもしれません(^.^)

ナチュラリゼーションは、ダンスのためだけでなくお子さんから大人の方まで、 すべての方の健康増進や美容面にも役立てて戴けるプログラムですので、 ぜひこの機会にご家族もご一緒に学んで戴きたいのです。

そして、1年間のレッスン終了後も 「ナチュラリゼーションのある暮らし」が継続していくことを、 それが先々のお子さまの健やかなダンスライフへと繋がり、 ご家族皆様の健康と笑顔に繋がっていくことを願っています。

 

 

blismile.com