Blismile

ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

表現したい自分

先日、ある高校生のお嬢さんがミュージカルの道を目指すことになったと伺いました。

普通に文学部等への進学を考え、大学の見学等にも行っていたそうですが「何かが違う。」としっくりこなかった。

でも、1年かけて準備してきた舞台が終わった時、彼女は「表現したい自分」に気付いたのですね。

ワークの中では寡黙に自分の身体と対話し、じっくりとマイペースに咀嚼するように向き合っていたお嬢さんで、むしろ淡々としたその普段の佇まいだけを見ればちょっと意外な様でもあるけれど、でも舞台の踊りの中でふと、日頃目にしている彼女と違う豊かな存在感を見せてくれた時のことを思い出すと、ああ、あれが表現したい自分の目覚めの頃だったのかもしれないと感慨深い想いになります。

 

あれから10ヶ月ほど、ひとつの目標に向け走り切ったその先に迸り始めたものから、また新たなスタートが始まる。
それがとても眩く感じられます。

 

f:id:blissfultouch:20180111080358j:plain

何かタイムリーに感じたショーウィンドウのコピー