Blismile

ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

自然は効率の悪いことをしない

手のアーチのワークの中にプランクの様に体幹をキープするような動きがありますが、そのワークに限らず、或いはバレエのパにしても「そのカタチになること」にがむしゃらになってしまうと、「違う頑張り」になってしまうような事がままあります。

そして、その「違う頑張り」が、本当に目指したいカタチや動きからご自分を遠ざけてしまったり、様々な不調を招いてしまうようなことが少なくない様に思います。


でも、赤ちゃんは「何が何でもこのカタチにならなきゃ!」なんて考えて動きませんよね(^.^)
這って動いているうちにひょいっと「できちゃった!」な感覚かと(笑)

f:id:blissfultouch:20180221080139j:plain

何かができない、ものすごくシンドイように感じられるときは、それ以前のワークに戻って見直したり、取り組んだりする必要があるときかもしれません。

昨日の江の島のグループレッスンでは、手や肘のワーク、這うワーク、ダイナミックアーチのワーク、ターンアウトのワーク等、一通り行った上で、レッスンの最後にそれらのワークで感じた「働きのライン」の感覚を思い出して戴きながら、そのワークをして戴くと全然違う調和の仕方を発見なさったようです。

そしてその四肢で体幹を支える感触を体験して、以前他のところで体幹トレーニングとして教えられたプランクも「とても効率が悪い方法でがむしゃらにしていたことがつくづくわかった」と仰っていらっしゃいました。

自然は効率の悪いことをしない…ですね(^.^)

 

f:id:blissfultouch:20180221075237j:plain

 

さて、今日は代々木と鶴川でパーソナル・レッスンです。