Blismile

ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

陽気な手

こちらは週末のレッスンから。

上半身の硬さやお口が開かないことがお悩みという、初めてナチュラリゼーションを体験した大学生のバレリーナさん。
顎のワークで少しずつ顎関節や脊柱を動かしていったり、手や肘のワークを行っていきました。

f:id:blissfultouch:20180225211417j:plain

来月からは、小学生の双子の男の子さんとお母様の親子レッスンを行うことになり、新たな出会いが楽しみな春です(^.^)

 

今週は連日、教育支援関係の講座で学ばせて戴いていて、今夜はその際ご紹介いただいた「子どもたちの100の言葉―イタリア/レッジョ・エミリア市の幼児教育実践記録」という本を読んでいます。

 

子どもたちの100の言葉

この本の中に子どもたちが描いた三つの「手」の絵が載っていて、「陽気な手は開いている」「悲しい手は閉じている」「怒った手は引きつっている」という言葉が添えられていました。

子どもたちは、しっかりと手にココロを見て取っている。

手のワークを楽しみながら、動きから生じる陽気なココロもあるのではないだろうか…そんなことを思いつつ、誰もが「陽気な手」で日々を暮らしていけますようにと願う晩です。