Blismile

ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

「遊び」の大半が、這う動き!

国際結婚をしてパリに在住中のバレエ友達が一時帰国中で、スタジオでお茶会をすることになりお会いしてきたのですが、今回は初めてお嬢さんを連れていらして下さいました。

もうすぐ5歳になるお人形のように可愛い女の子で、最初は少しだけ人見知りをしていたのですが、だんだん慣れてくると広いスペースが嬉しいのか(子どもってそうですよね)活発に動き回り始めました。

もちろんもうしっかり歩くことも走り回ることもできるのですが、そのスタジオ中を動き回る彼女の「遊び」の大半が、這う動きなのです。
早々に靴下を脱いで「ねこちゃ~ん」「しかさ~ん」等々動物の名前を言いながら這う動きのバリエーションの豊富な事といったら!

手足の使い方を変えてみたり、ハイハイも高這いももちろん、ちょっとスパイダーっぽく動いたかと思うと、ダイナミックアーチのワークのような足使いで這ってみたり(よく趾を使えてました)、走り回ってかくれんぼをしたかと思うと、また這う…もう、ただただ感心です。

ちょっとだけ、一緒にハイハイしたりもしたのですが、そのスピードも速い(笑)
これは多分、日頃からこうした這う動きを遊びとして相当やっているんだろうなと感じる動きでした。

そして、歩くことも走ることも、足を入れるのが大変そうなブーツを履くために片足で立つバランス感覚も、すごくしっかりしているのです。

彼女は普段フランスの幼稚園に通っていて、園が終わるのは16時ころ。休みの水曜日は日本語学習のフォローのために日本人幼稚園に通い、毎日19時半には就寝して12時間たっぷり眠るタイプだそうですし、週末は家族との時間なので、お稽古事等はまださせていないそうですが、あれだけ楽しそうに這いまわっている今を大切に過ごさせていらっしゃるのがとても素敵だと思いました。

 

ちょうどこんな感じの年齢かな(^.^)

 

f:id:blissfultouch:20180323225242j:plain

 

さて、明日は双子の小学生さんとお母様との親子レッスン初日です♪

coubic.com