Blismile

ダンスをもっと美しく、もっとナチュラルに。

ゆっくり行く者は、健康にそして遠くまで行く。

すっかりご無沙汰してしまい、久しぶりの投稿となってしまいましたm(__)m

 

多分これだけ長くお休みを戴いたのは初めてですが、私事ながら、この9月前半はクロアチアとイタリアのウンブリア・トスカーナ地方をドライブ旅行して参りました。

 

フィレンツェにも、ほぼウッフィツィ美術館を見ることだけが目的で1日だけ立ち寄ったのですが、クロアチアでもスクラーディンやカシュテルという小さな街や、イタリアでもコルトーナやペルージャ、モンタルチーノという小さな街や村の豊かな自然や人の暖かさ、包容力に触れてとても心豊かな旅の時間を過ごすことができ、そのせいかフィレンツェ に行っても、すぐにウンブリアやトスカーナの長閑で自然豊かな風景の中に早く戻りたいと思ってしまいました。

 

クロアチア語にもイタリア語にも明るくはなく、イタリアではZTLという車両進入禁止区域にもドキドキしながら、小さな事件も色々ありの珍道中ではありましたが(笑)、それでも旅を創るプロセスから試行錯誤した時間を含めて、とても良い経験になりました。

レッスンのスケジュールの調整に快くご協力下さった生徒のみなさま、保護者のみなさまに、この場をお借りして改めて御礼申し上げます。

 

旅の写真はこちらに。

Amazon Photos

 

そんなこともあって、今月後半は密にレッスンの日々ですが、ここ2年弱月1回のレッスンとホームワークを続けてきた生徒さんの立ち姿に触れ、最初に彼女がいらした時の様子も思い浮かべながら、イタリアのことわざにあるという

Chi va piano va sano e va lontano.
ゆっくり行く者は、健康にそして遠くまで行く。

という言葉を思ったりもしました。

f:id:blissfultouch:20180923185319j:plain

子どもたちの成長の仕方は、本当に人それぞれですが、何か、その子にとって必要な学びが満たされると、そこからグンと成長するような時があります。

それまでどうしても響いていかなかったように見えていたことが、実は彼女の背景には届いていたんだと感じられるような瞬間です。

 

私にとって「待つこと」は苦ではありませんが、やはりご本人はもちろん親御さん、あるいは日頃バレエの指導に当たられている先生のまなざしが、それと響きあうご縁に恵まれていることを幸いに感じております。