私は、私の知らない「わたし」で満ちている

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


私は、
私の知らない
「わたし」で満ちている


ナチュラリゼーションの道のりにある

大きなテーマは

それを体験として識ることではないかと

私は思っています。


その中には

嬉しい発見も、楽しい発見も、面白さも

もちろんあるでしょう。


その一方で

「私はこんなことをしてきていたのか」

「こんなこともできていなかったのか」

という

少々がっかりするような発見もあれば


発見したところで

私が意図するように「わたし」は

すぐには変わってくれないという

もどかしさを覚えたり

課題を発見した段階より

もっと前の段階や、

別のフェーズに

本当はできてはいなかった

やり残しがあったことに気付かされる。


けれども

むしろ後者のような発見や葛藤に

どうしたら?と稽え

行為する過程で育まれているものが

要だと思うのです。


「失敗しないように」

「早く、スムーズに進めるように」

生徒さんが気付かない段階でも

教えてしまえば

効率が良くなる面も

あるのかもしれません。


ですが、

現代に生きる私たちに

圧倒的に足りないのは

後者の経験であるように感じています。


私の知らない「わたし」

それがどのような「わたし」でも

対峙する時間にいたたまれなくなって

「対抗」「回避」「逃避」

したくなってはいないでしょうか?


けれども、何も動いていきそうにない

対峙の時間の中から

当初の自分が

思ってもみなかった進展や

課題の解決が生じても来ることや

それらを見出す力が

ご自身の中にあったということに

驚くような体験を

継続していらした皆さんは

少しずつ経験してきていると思います。


「立つ」「歩く」以前の過程をさらいなおす

ナチュラリゼーションという体験の中では

せめて十分にそれを経験して戴きたい。


そのことが

ナチュラリゼーションのその先で

ダンスの技術の教えを受けながら

自らを磨いていく礎と

なっていくのだと思います。



Blismile

ダンスをもっと美しく、 もっとナチュラルに。 主にバレエや各種ダンスをなさる方を対象に、 ナチュラリゼーションをお伝えしている 「ブリスマイル」の公式ブログです。